BLOG

2019

12

Aug

WEB店

リペア

リペアに出していた0201が戻ってきました。
数年の着用であちこちダメージを受けていた箇所をまとめて修理。


まずは前ポケットのステッチ修正。
手を出し入れする際の摩擦でどうしても切れやすい箇所になります。


ボタンフライ部分の生地の穴あき修理。
デスクワークで椅子に座っている時間が長いのでここが擦れました。
裏側に薄い生地をあて、ミシンの往復ステッチで締めています。


太もも部分の小穴(約1.5cm)の修理。
穴が広がって大きくなる前の段階で修理を行いました。


裏側はこんな感じに。
生地のダメージ具合や箇所・状況によって当て布の種類は変わります。
職人の経験による判断でベストの素材を選択します。



最後にバックポケットのステッチと内股ピンクステッチ修正。
前ポケットと同様に摩擦を受ける箇所となります。

どのようなダメージを受けるか、穿き始めてから修理に至るまでの日数はどれくらいか?
これは着用状況によるため様々です。
ハードに穿く方は負荷も大きいためダメージが大きい場合や修理に至る日数が短い場合があるのに対し、ジーンズへの負荷が少ないライフスタイルの方は修理も軽微で済む場合があります。

 

修理に出すタイミングは悩むところではありますが、ダメージがあまり大きくなる前にご依頼いただくのが良いかと思います。
※穴あき・破れなどは有料修理となりますが、ダメージが大きいほど修理料金が上がってしまいます。

 

修理は作業内容の多少に関わらずご依頼いただきました順番での作業となります。
2か月~2か月半程度のお預かりとなりますが、ご了承ください。
※修理をご希望のお客様はジーンズをご購入いただいた店舗へのご依頼をお願いします。
※修理は対応品番と非対応品番がございます。詳しくはご購入店へお問い合わせください。

以上、オンラインショップよりお送りしました。

サイズガイド
あなたにピッタリのサイズをお選びいただくため、商品のサイズ(仕立てサイズ)を正しく知ることが大切です。各アイテムの詳しい採寸方法はこちら 詳しくはこちら
裾上げについて
当店でお買い求め頂いたジーンズの裾直しについて、さまざまな方法で対応させて頂きますので、お気軽にお申し付け下さい。 詳しくはこちら
送料は一律540円
1配送先につき、合計購入金額10,000円(税込み)以上で送料無料。その他、ご注文から配送にかかる日数や希望時間帯指定など詳しくはこちら 詳しくはこちら