WEB MAGAZINE

MOMOTARO JEANSの選び方 太いジーンズ編

 

 

 

ご好評の「MOMOTARO JEANSの選び方」。
第三弾、太いジーンズ編です。

 

太いジーンズは野暮ったいのでは?
そんなイメージを払拭する、MOMOTAROのワイドジーンズ。
穿きやすさとヴィンテージライクなルックスで、
ちょっと他とは違う目を引くジーンズを。

 

 

 

 

基本的には1種類


シルエット検索をかけると、『×太い』の項目は計6アイテムが表示されます。

 

しかし大きく分類すると1種類となるのです。
その特徴、そしてそれぞれの細かい機微の違いを見ていきましょう。

 

 

 


 

 


 

 
 

 

クラシックストレートというシルエットが6モデル。これらは大きく分類して同じ形のモデルです。


股上が深く、包み込むような腰回り。ワタリからスソまで全体的に太いタイプ。スソは1005SP(ミドルストレート)と同程度の太さだが、1005SPよりもワタリ(腿部分)まで太いのが特徴。全体的に幅のあるシルエットでありながら、少し効かせたテーパードですっきり見えるワイド。幅のあるスソは、ゴツめのブーツが相性抜群。

実際には、『とても太いモデル』というよりも、『全体的にゆとりのあるモデル』といったイメージ。それゆえに、ワイドモデルでもすっきりとした着こなしを可能にします。

コーディネートとしてワードローブに1着は欲しい。ストレス無く、穿きやすさ抜群の機能性。そしてワイド好きも重宝する優秀なシルエット。


桃太郎のワイドと言えばコレ。

 

 

 


基本的にはクラシックストレートという1種類のモデルですが、ほんの僅かな、それぞれの“性格”とでも言うような違いがあります。

0905SP / G019

出陣と銅丹のクラシックストレートでは、基本的な形は同じです。これらは同じ特濃色で生地のカラーも同一です。しかし、生地の違いにより、出陣は15.7oz、銅丹は14.7ozと厚みが違います。穿き比べた場合には、銅丹の方がやや薄いためより柔らかく感じられることでしょう。反対に、ガツンとヘヴィーオンスらしさを存分に楽しめるのが出陣です。

0901

同じクラシックストレートでも、VINTAGEレーベルはいつも少し特殊です。それは偏に、未加工のキバタ生地である事に由来しています。未防縮加工であるため、生地の縮率が大きく、他のクラシックストレートに比べ、ほんの僅かに小さめの仕上がりになっています。

そうは言っても、股上1センチ程度の違いですので、穿いた際に感覚として表出するかどうかも顕著とは言えません。他と穿き比べるとちょっと小さいかな?と感じるかどうかという程度です。

G003

G003は、G019が特濃色の生地に対して、爽やかなオールドブルー色の生地です。それに加え、ほんの少し他とは毛色が違います。少し股上も深くゆとりがあり、よりリラックスした形のイメージです。

これも0901同様、穿き比べた場合の感覚、といったレベルで、基本的なクラシックストレートとしては穿いた感じは同等でしょう。

 

各レーベルの生地詳細はこちら。
 
     
   
     

 

 

 

 

 

細いジーンズ、ミドルジーンズ、太いジーンズ。
これにてMOMOTARO定番ジーンズモデルを網羅致しました。

 

大きな種類で見ると、見かけの数量よりはとっつきやすく、
しかし知るほどに生地の違い、シルエットの特性、

 

 

様々な要素が絡み合い、奥深い。

 

 

 

そこから選ぶとっておきのジーンズとして。

それぞれのジーンズの違いを穿き比べる楽しみとして。

 

 

 

MOMOTARO JEANSを、あなたの特別なジーンズに。

 

 

 

 

 


 

 

 

※同じシルエットでも、モデルによってインチサイズが変わる場合があります。

特にVINTAGEレーベルについてはキバタ生地のため縮率が大きく、他に比べて小さくなる傾向にあります。

 

サイズについては商品ページのセンチ寸法をご参考の上、ご検討ください。

 

 

 

 

サイズガイド
あなたにピッタリのサイズをお選びいただくため、商品のサイズ(仕立てサイズ)を正しく知ることが大切です。各アイテムの詳しい採寸方法はこちら 詳しくはこちら
裾上げについて
当店でお買い求め頂いたジーンズの裾直しについて、さまざまな方法で対応させて頂きますので、お気軽にお申し付け下さい。 詳しくはこちら
送料は一律540円
1配送先につき、合計購入金額10,000円(税込み)以上で送料無料。その他、ご注文から配送にかかる日数や希望時間帯指定など詳しくはこちら 詳しくはこちら