WEB MAGAZINE

MOMOTAROスマホケース徹底解析

 

 

待望の大きめスマホケース登場


日々その性能と形を変化させてゆくスマートフォン。
昨今のラージデザイン傾向に伴い、既存のものより
大きめサイズのスマホケース需要が高まっていた。

 

そしてついにリリース!
2種類となったMOMOTAROのスマホケース、
その違いを徹底解析!

 

 

 

こんなに大きくなりました。


並べると顕著に大きさが異なっている。右が既存のAS-68、左が新作のラージタイプAS-95だ。

今回のサイズアップは縦の長さだけでなく、横幅もややアップしている。ベルト幅やディテールはそのままにサイズアップしているのが嬉しいところ。

 

 

 

 

サイズ、
実際のそこんところ。



気になるのは実際に入れてみた時に入るスマートフォンのサイズ!新旧それぞれ適/不適サイズを検証!

まず  既存タイプのAS-68はiPhone SE2がすっぽり入る。iPhone8や7もほぼ同様のサイズであるためそれらの機種は収納可能だ。

次に  新しいラージタイプAS-95はiPhone11や6.7インチのiPhone12 Pro Maxも収納可能だ。すっぽり包み込む頼もしさがある。

 

 

 

 

 

キワドイヤツ。


入るのか?入らないのか?きわどいサイズ感も検証して行こう。画像は既存バージョンAS-68。そこにiPhone11をセット。本体のみであれば、ギリギリ、パツパツ、ボタンが閉まる!といった具合。

しかしシンプルなラバーケース1枚でも装着した状態で入れてみると、ギリギリ閉まらない、し閉まったとしてもおすすめできないフィット感。iPhone11相当の大きさからは、新しいラージサイズの方をおすすめする。

 

 

 

 

 

ウレシイヤツ。


ラージサイズAS-95にはサイズアップだけでなく嬉しい変更点がある。既存タイプAS-68は取り付け金具がDカンだったために、パンツと接続するためにはカラビナ等接続パーツが必要だった。

しかしこのラージサイズAS-95は360度可動の真鍮製フックがあらかじめ設置されている。パンツのベルトループにそのまま引っかけられるのが嬉しいところ。

もちろん従来通りボディ背面には幅広のループも設置されているため、新旧どちらのタイプもベルトを通して使用することも可能だ。

 

 

 

 

ラージサイズには人気の出陣家紋柄が登場!
ジーンズはもちろんバッグにも相性◎

ちょっとした小物入れにプレゼントとしても最適。

 

 

 

※本ページのサイズ検証はカバーなしの状態です。

ご使用のカバーや機種でサイズが異なりますので、
商品ページ記載サイズをご確認の上ご注文下さい。

 

サイズガイド
あなたにピッタリのサイズをお選びいただくため、商品のサイズ(仕立てサイズ)を正しく知ることが大切です。各アイテムの詳しい採寸方法はこちら 詳しくはこちら
裾上げについて
当店でお買い求め頂いたジーンズの裾直しについて、さまざまな方法で対応させて頂きますので、お気軽にお申し付け下さい。 詳しくはこちら
送料は一律770円
1配送先につき、合計購入金額10,000円(税込み)以上で送料無料。その他、ご注文から配送にかかる日数や希望時間帯指定など詳しくはこちら 詳しくはこちら