WEB MAGAZINE

桃太郎JEANSは洗うと縮むのか!?

 

 

ネットでページを開けば様々な情報が飛び交い、ジーンズのサイズ選びは困難を極める。調べれば調べるほどわからない、そんな経験を持つ人も多いのではないだろうか。

実のところ、桃太郎JEANSはどうなのか!?そんな疑問を解決。

 

 


桃太郎JEANSのジーンズは、結論から言ってサイズが新品時より縮むことはない。購入時が最もウエストが小さな状態となる。伸びることはあれど、これより小さくなることはない。

次に気になる他のパーツ。腿まわりなども縮むことはなく、パーツが大きくない部分であるため、そこまでの伸びも出ない。よって購入時のサイズでベストサイズを決めて全く以て問題ない。


しかし、過度な熱が加わると不測の縮みが起こりかねないため、家庭での洗濯の際には乾燥機は厳禁だ。

 

 

 


その違いは洗いにある。「洗うと縮む」と言われるものは所謂『生デニム』『リジッド』と呼ばれるジーンズだ。これは出来上がったジーンズそのままの状態。この状態から、ジーンズにとって1度目の洗濯となるファーストウォッシュ、この洗いの際にサイズが変わるほどの大きな縮みが出るのだ。

一方、桃太郎JEANSはワンウォッシュ済のジーンズ。前述のファーストウォッシュを済ませてあるため、大きな縮みは出した後のサイズ、というわけだ。これにより安心してサイズ選びができる。

 

 

 


縮み同様に気になるのが伸び。着用の動きの中でジーンズに負荷がかかり、『穿き伸び』が発生する。とりわけ常に負荷がかかっているのがウエストだ。着用し、穿き伸びが出る。それが洗濯すると新品時程度まで戻る。また穿き伸びが出る、洗って戻るという行程を繰り返し、最終的にはやや伸びた状態になる。しかし1インチ(2.5センチ程度)もは伸びないというケースがほとんどだ。

よって、サイズ選びの際にはややタイト~ジャストを基準に選ぶのが良いだろう。


大きくは伸びないため、
タイトすぎるサイズは着用に無理が生じる。一方ゆとりのあるサイズは、負荷が減るためそこまで大きな穿き伸びは出ないだろうが、更に余剰を生む形となりスタイルを崩しかねない。

 

 

 


前述でウエストの縮みについて言及したが、レングスについてはどうだろうか。レングスは生地パーツの面積が広いため縮みの発生が顕著であること、また生地の糊がワンウォッシュで落ち切らないことがある。その糊が家庭での洗濯を経て徐々に落ち、わずかに縮みが出る場合があるのだ。これは縮みが出る個体もあれば出ない個体もあり、一概ではないのもジーンズの特性だ。

しかし桃太郎JEANSは、これを考慮し裾上げを長めに仕上げるシステムとしている。希望の位置から、出陣・銅丹は約1センチ、VINTAGEは未防縮加工のキバタ生地のため約1.5センチ長く仕上げる。これにより、ジーンズオーナーのもとで「縮むから長めにした方がいいのか・・・?」という心配や配慮は不要だ。

 

サイズガイド
あなたにピッタリのサイズをお選びいただくため、商品のサイズ(仕立てサイズ)を正しく知ることが大切です。各アイテムの詳しい採寸方法はこちら 詳しくはこちら
裾上げについて
当店でお買い求め頂いたジーンズの裾直しについて、さまざまな方法で対応させて頂きますので、お気軽にお申し付け下さい。 詳しくはこちら
送料は一律770円
1配送先につき、合計購入金額10,000円(税込み)以上で送料無料。その他、ご注文から配送にかかる日数や希望時間帯指定など詳しくはこちら 詳しくはこちら